2018年 7月 23日 (月)

食材投入のタイミングを知らせるIHクッキングヒーター 松下電器

印刷
松下電器産業 「IHクッキングヒーター」
松下電器産業 「IHクッキングヒーター」

   松下電器産業の松下ホームアプライアンスは、食材投入のタイミングを逃さず知らせる「予熱おまかせ機能」が付いたIHクッキングヒーター(12機種)を開発、2008年7月1日から松下電工・住建マーケティング本部を通じて販売する。

   「予熱おまかせ機能」は、高温領域の精度を検知する「光火力センサー」を進化させたもので、従来は経験による勘やコツが必要とされた炒め物などの高温調理時の食材投入のタイミングを知らせることができる。

   金属製の鍋であれば材質によって異なる予熱時間を自動的に判別して、予熱の完了を知らせて適温をキープする。予熱の過不足による料理の失敗や、予熱しすぎを防ぎ鍋の傷みを抑えることもできる。また、初めてIHを使う人でも迷わずに操作できる「光る天面ナビ」と「かんたん操作モード」を搭載した。

   価格は25万7250~42万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中