ユナイテッドアローズ「和装」強化、京都の老舗と連携

印刷
ユナイテッドアローズが展開している山石の既製着物
ユナイテッドアローズが展開している山石の既製着物

   ユナイテッドアローズは2008年4月1日、京都の呉服メーカーや帯問屋などと連携して「和装」を強化すると発表した。

   同社は04年4月からメンズ浴衣の販売を開始。その後、同年11月にメンズ着物、05年5月にウィメンズ浴衣、8月にはウィメンズ着物の販売を始めた。最近では08年2月18日から京都の呉服メーカー「山石(やまいし)」が開発したメンズ・ウィメンズ着物の販売を開始している。

   新たに08年4月1日から、京都の老舗帯問屋「誉田屋源兵衛(こんだやげんべえ)」のメンズ誂え(あつらえ)着物とメンズ・ウィメンズの既製浴衣を展開する。 また08年4月18日~20日には、新たなコレクションを演出する展示販売会を開催する予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中