ローソンカードのポイントでCO2削減に参加

印刷
アルゼンチンの風力発電を通してCO2削減に貢献
アルゼンチンの風力発電を通してCO2削減に貢献

   ローソンは、同店の利用者が「ローソンパス」や「マイローソンポイント」の会員カードでためたポイントで、CO2の排出権を取得できる制度を2008年4月8日からスタートする。

   三菱商事がアルゼンチンの風力発電事業で得たCO2排出削減量(排出権)を、ローソンが購入し、同店カード会員に代わって日本の償却口座に移転する仕組み。取得した排出権と、カード会員自身が排出するCO2を相殺(オフセット)することで、地球温暖化防止に貢献できるという。

   1口50ポイント単位でCO2排出削減量10kgと交換でき、10口ごとに、オリジナル「CO2オフセット証明」がもらえる。50口になると、オフセット証書とカードがセットになった証明書と「コンビニecoバッグ」がもらえる。

   ポイント交換を通じ、排出権を取得する仕組みは、国内流通業では初めて。店頭のマルチメディア端末(Loppi)を通じ現金払いでの参加もできる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中