インプレッサでニュルブルクリンク24時間レースに出場

印刷
ニュルブルクリンクの公式サイトでは同レースの説明もされている(ニュルブルクリンクの公式サイト)
ニュルブルクリンクの公式サイトでは同レースの説明もされている(ニュルブルクリンクの公式サイト)

   富士重工業スバルテクニカインターナショナル(STI)は、2008年5月にドイツ ニュルブルクリンクサーキットで開催される「第36回ニュルブルクリンク24時間レース」に、「インプレッサWRX STI」で参戦すると2008年4月4日に発表した。

   同レースは、過酷なことで知られる全長25.378kmのコースを舞台とする、世界最大規模の耐久レース。安全面、信頼面などの技術的ノウハウを参戦で蓄積し、今後の量産車の開発に活かすという。

   「インプレッサWRX STI」をベースに、改造は軽量化や安全装備といった最小限にとどまり、量産車に近い状態での出場となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中