独立テンキーと「脳を鍛える」学習ソフト搭載のノートPC シャープ

印刷
シャープ「Mebius FW」シリーズ
シャープ「Mebius FW」シリーズ

   シャープは2008年4月下旬、ノートパソコン「Mebius FW」シリーズの新製品として15.4型ワイドノートパソコン2機種を発売する。「FWシリーズ」は、独立テンキーつきのキーボードを採用していて人気が出ている。

   売り出すのは、「PC-FW50X」と、AMD製のデュアルコアCPUを搭載した上位機種の「PC-FW70X」。両モデルとも、独立テンキーつきのキーボードのほか、カメラ付きケータイなどで撮影した画像を、ワイヤレスでパソコンに転送できる高速赤外線通信(IrSS)機能を搭載した。本体には汚れが付きにくいというUVコーティングを施し、ボディカラーは「FW70X」が黒、「FW50X」が白。独立テンキーで計算結果などを効率よく入力できる「脳を鍛える」学習ソフト3本をプリインストールした。

   2GBのメモリを搭載し、OSはWindows Vista Home Premium。市場推定価格は、「PC-FW70X」が16万5000円前後。「PC-FW50X」が15万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中