2018年 7月 17日 (火)

かわいいアリクイの赤ちゃんを公開中 サンシャイン国際水族館

印刷
ミナミコアリクイの赤ちゃんを公開中
ミナミコアリクイの赤ちゃんを公開中

   サンシャイン国際水族館(東京都豊島区)は、ミナミコアリクイ「タエ」の赤ちゃんを公開中。期間は、2008年6月1日まで。白い産毛につつまれた赤ちゃんはとてもかわいく、母親におんぶをせがむ姿に人気が集まっている。

   ミナミコアリクイは、中南米の森林やサバンナに生息する貧歯目に属する動物。日本でも11頭しか飼育されていない。国内の動物園・水族館で生まれたのは、サンシャイン水族館が初めてだという。

   公開されている赤ちゃんは、07年12月24日に母「タエ」の第3子として生まれた。父親は「アリー」、両親ともにパラグアイから来日した。第1子「リク」は、同館で元気に暮らしており、第2子の「ミナミ」は、07年11月に繁殖のため千葉市動物公園に引っ越している。

   赤ちゃんの名前は現在公募中で、決定した名の応募者から1名にサンシャイン国際水族館の年間パスポートと、オリジナルミナミコアリクイぬいぐるみをプレゼントする。当選者の発表は5月中旬を予定。

   入場料は、大人1800円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中