「結婚式スピーチ」のコツ、アナウンサーが教えます!

印刷

   「今度、娘の結婚式なんだけど、スピーチがうまくできるか心配で……」。そんな口下手なお父さんたちに朗報! 東京のアナウンサースクールが「結婚式スピーチ教室」を開催することになったのだ。

「結婚式でどう話してよいかわからない」


レッスンの様子。声の出し方を指導する

   「新郎&父のための結婚式スピーチ教室」を開くのは、東京・青山でアナウンサースクールを主宰する「キーズ(KEE'S)」。元NHK松山放送局キャスターの野村絵理奈さんが代表をつとめる同社には、約30人の現役アナウンサーが講師として登録していて、さまざまな世代に向けた「話し方教室」を開いている。

   アナウンサースクールのほか、ビジネスのコミュニケーションスキルを高めるためのレッスンも開催。ふだんは社会人向けにスピーチの方法やプレゼンテーション、交渉の仕方などを教えている。

   「結婚式スピーチ」に特化した講座は、今回が初めてのこころみ。きっかけは、ある生徒からの相談だった。こんな不安な声を聞いたのだ。

「来月息子の結婚式で代表挨拶があるんだけど、緊張してどう話してよいかわからないんです」

   キーズ講師の会田幸恵さん(元愛媛朝日テレビアナウンサー)によると、同様の悩みや不安を抱えたお父さんは結構多いのではないのか、という話になった。意外な需要があるのではないのかということで、今回の企画に踏み切った。

ビデオカメラで自分のスピーチを確認


自分のスピーチをビデオカメラで収録する

   「結婚式スピーチ教室」とは、どんな内容なのだろう?

   まず、口よりも先に「手」を動かしてもらう。子供との思い出を綴った手紙を書いてもらうことから始まるのだという。そして、手紙をもとに実際にスピーチをしてもらう。その際ビデオカメラを回して撮影し、あとで自分の目で確認する。

   そのあと、アナウンサー経験者のスタッフらが「話の組み立て方」「表情」「発声の仕方」「伝え方」といったポイントを解説していく。一通りのコツを伝授した後、参加者はもう一度スピーチをして実践にそなえる。

「ふだん、息子さんや娘さんに対していろいろないいことを思っているのに、緊張して想いが伝えられないのはもったいないです。この講座をリハーサルにして、当日は緊張せずに思いが伝えられればいいなと思います」(会田さん)

   スピーチ教室は4月26日からスタートする。参加費は2時間2万円。10人前後の参加者が集まりしだい、随時開催していく。新聞やテレビで紹介されたこともあり、すでに数名の応募があったということだ。このレッスンを受ければ、結婚式で緊張しなくてもすむ?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中