「冒険画家・横尾忠則」60~70年代の未公開作品を一挙公開

印刷

   世田谷美術館は、企画展「冒険王・横尾忠則」を2008年4月19日~6月15日の日程で開催する。グラフィック・デザイナー、画家として独自のスタイルで作品を発表している作家・横尾忠則さんの、1960年代の未公開作品から最新の絵画まで約700点を展示する。

   40代以上には懐かしい「平凡パンチ」や「話の特集」表紙を飾ったイラストのほか、寺山修司や唐十郎、土方巽のアングラ演劇・舞踏公演のポスターなど、60年代~70年代の絵画作品を一挙に公開する。そのほとんどは、未公開作品。

   横尾さんが少年期に耽読し作品の原点にもなった、江戸川乱歩の「少年探偵団」やジュール・ヴェルヌの「海底二万里」など、推理・冒険小説から着想を得た作品も紹介する。

   開館時間は10時~18時。月曜休館。入場料は1200円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中