綾瀬はるか「人を殴ってみたい」

印刷

   女優の綾瀬はるかさん(23)と俳優の小出恵介さん(24)が主演する映画「僕の彼女はサイボーグ」の完成発表会見が2008年4月15日、東京都内で開かれた。パワフルなサイボーグ役を演じた綾瀬さんは「人を殴ってみたい」と話して、笑わせた。

新作映画「僕の彼女はサイボーグ」で小出恵介と共演

小出さんを「持ち上げ」て笑顔の綾瀬さん
小出さんを「持ち上げ」て笑顔の綾瀬さん

   メガホンをとったのは、日本でもヒットした韓国映画「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨン監督。

「日本で初めての映画で、嬉しく思っています。今後は、日本の監督と思って見てもらえれば」

とあいさつした。

   同作品は、綾瀬さん演じる「サイボーグ」(人間に似せて作られた人造人間)に、小出さん演じる青年が想いを寄せる様子を描いたSFラブストーリー。

   作品中は、サイボーグの「大胆さ」や「パワフルな様子」が強調されている。印象に残ったシーンについて、小出さんは

「サイボーグが立って寝ている時、自分が胸を『チラ見』しようとして、サイボーグに気付かれて天井まではたき上げられて床まで落下する、というシーン。ワイヤーは付けてあったんですけど……」

とふり返った。一方、綾瀬さんは

「普段、人を殴ったりする機会がないので、(また)やってみたいです」

と話し、会場をわかせていた。

   フォトセッションでは、サイボーグの「力強さ」にちなんで、綾瀬さんが小出さんを持ち上げる様子が再現された。

   同作品は、日本を含めて10か国での公開が決定しており、国内では5月31日に全国松竹・東急系の劇場で公開される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中