子どもを「育む」「抱きしめる」住宅 大和ハウスとベネッセが共同開発

印刷
大和ハウス「HAPPY HUG(ハッピーハグ)モデル」
大和ハウス「HAPPY HUG(ハッピーハグ)モデル」

   大和ハウス工業ベネッセコーポレーションは、子どもを「育む」「抱きしめる」という気持ちをこめた子育て層向け住宅プラン「HAPPY HUG(ハッピーハグ)モデル」を共同開発した。全国64か所の住宅展示場にモデルハウスを建設し、2008年5月3日から同18日(土日祝日のみ)まで見学会を開催する。

   大和ハウスの戸建て住宅「xevo(ジーヴォ)」とベネッセの妊娠・出産・育児ブランドの「たまひよ」とのコラボレーションで、家族の「コミュニケーション」と「成長」をキーワードに、キッチンやビッグダイニング、たたみスペースを集約したワンルームの空間「ファミリーコモン」や、家族の写真を飾ったり、壁面に落書きができるファミリーギャラリーや子どもの成長にあわせて自由に使える空間「セルフパレット」などの「グローアップスペース」を用意した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中