国際線への乗り継ぎ短縮、成田空港に新施設

印刷

   成田空港の第1旅客ターミナルに、全日空の国内線から国際線への乗り継ぎ時間を短縮できる国内初の施設「内際乗り継ぎ施設」が完成し、2008年4月16日から供用が始まった。

   新施設では、国内線の出口を通らずに出国手続きができるようになり、これまでは約1時間40分かかっていた乗り継ぎ時間が最短で約45分に短縮される。日本航空が使用している第2旅客ターミナルにも、7月までに同様の施設が完成する予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中