巨人・上原浩治の「雑草魂」を描いた児童書  旺文社

印刷
旺文社『上原浩治 闘うピッチャー魂』
旺文社『上原浩治 闘うピッチャー魂』

   旺文社は、小中学生向けの児童書『上原浩治 闘うピッチャー魂』(鳥飼新市著)を2008年4月25日に刊行する。トップアスリートの生き方を描いたシリーズ「素顔の勇者たち」の最新刊。四六判。160ページ。価格は1050円。

   リトルリーグ・ポニーリーグ(小中学生の硬式野球連盟)出身でもなく、甲子園にも出場したことのない上原選手。1999年にプロ野球「読売ジャイアンツ」に入団し、自身を雑草に喩えた「雑草魂」をむねに活躍中だ。

   本書は、「何事も努力し続ければ、夢はかなう」ということが伝わってくる内容となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中