「楽譜を読む力」DSで手に入れよう!

印刷
絵と音を使ってわかりやすく「音楽の基礎」を解説する
絵と音を使ってわかりやすく「音楽の基礎」を解説する

   楽譜を見ただけでメロディが頭の中に流れたらいいな――そんな夢をかなえてくれるニンテンドーDSのソフトが2008年4月24日、クリエイティヴ・コアから発売される。DSの機能をフルに活かした音楽学習ソフト「カンタン音楽力」だ。

   『誰でもぜったい楽譜が読める』などの著書がある合唱指導の第一人者・辻志朗氏が監修。豊富なイラストや図を使ったわかりやすい解説と、音と絵を駆使した多彩な実践レッスンで、音楽の基礎を楽しく学ぶことができる。

   タッチスクリーンのピアノ鍵盤を使って、有名な童謡やクラシック曲の楽譜を見ながら実際に弾いてみる「演奏モード」も搭載。レッスンで鍛えた「楽譜を読む力」を演奏によって確認できるように工夫した。

   これから音楽の基礎を学ぼうとする小中学生のほか、「楽器の演奏を始めたいけど、楽譜が読めなくて……」と尻込みしている社会人や主婦にもオススメのソフトだ。価格は3990円。

「カンタン音楽力」のプレイ画面


  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中