2018年 7月 18日 (水)

「水木しげるロード」から生まれた「河童の吟醸酒」

印刷
千代むすび酒造が販売する「河童吟醸」
千代むすび酒造が販売する「河童吟醸」

   「ゲゲゲの鬼太郎」の作者として有名な漫画家、水木しげるさんのキャラクターをモチーフにした日本酒「河童吟醸」が売り出された。水木さんの出身地の鳥取県境港市にある「水木しげるロード」に新たに「河童の泉」が設置されたのを記念して、地元の千代むすび酒造が2008年3月30日から販売している。

   水木しげるロードは、JR境港駅から水木しげる記念館へと続く全長約800mの通り。通り沿いには、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターなど約130体の銅像が建てられていて、観光スポットになっている。

   酒は、酒米「500万石」を使った純米吟醸酒。「河童の泉」に設置されたカッパとタヌキのブロンズ像のデザインを、瓶に彫りこんでいる。720ml入り。価格は2100円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中