最先端アートの息吹「ターナー賞の歩み展」

印刷

   現代美術界で最も重要な賞の1つといわれる英国のターナー賞。その歴代受賞者すべての作品を一堂に集める展覧会「英国美術の現代史:ターナー賞の歩み展」が2008年4月25日、東京・六本木ヒルズの森美術館で始まった。

   ターナー賞は絵画、彫刻、写真など既存の芸術ジャンルに縛られないユニークな賞として、年1回数名のアーティストをノミネート、最終選考で1人の受賞者を選出している。その授賞式は、テレビ中継され翌日の新聞で受賞者が大々的に報道されるほど、英国では国民的行事である。

   マーク・ウォリンジャーやデミアン・ハーストなど今では国際的な活躍を遂げている各アーティストの受賞当時の作品は、非常にクールで刺激的。世界の最先端にあるアートの息吹を感じることの出来る展覧会だ。

   開催は2008年7月13日まで。会期中は無休。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中