新時代の電子楽器はこれだ!ヤマハ「TENORI-ON」

印刷
ヤマハ「TENORI-ON(テノリオン)」
ヤマハ「TENORI-ON(テノリオン)」

   ヤマハは2008年4月25日、全く新しいインターフェイスをもった電子楽器「TENORI-ON(テノリオン)」を発売すると、発表した。メディアアーティスト・岩井俊雄氏との共同開発によるもので、5月12日から販売を始める。

   一見楽器とは思えない奇抜な形をしたこの「TENORI-ON」、演奏者は正方形のボードの中に配置された16×16個のLEDボタンを押して演奏する。音楽の知識がなくても、視覚的・直感的な操作で十分な演奏・作曲が可能だという。

   海外ではすでにミュージシャンによるテストが行われており、YouTubeなどでその演奏を見ることができる。

   価格は12万1000円で、当面はWeb販売のみの展開となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中