2018年 7月 21日 (土)

ヨーロッパスタイル「ホールドバゲット」豊洲に2号店

印刷
バゲットの中にソーセージなどが入っている
バゲットの中にソーセージなどが入っている

   ヨーロッパスタイルの新しいファストフード「ホールドバゲット」の販売店が2008年4月25日、東京都江東区のショッピングセンター「ららぽーと豊洲」にオープンした。新宿区の四谷三丁目店に続く2号店だ。

   ホールドバケット(HOLE'D BAGUETTE)とは、「穴の開いたバゲット」という意味。バゲット、つまりフランスパンを半分に切って穴を開け、その中にソーセージやハムを詰め込んだ食べ物だ。見た目はホットドッグに似ている。

   バゲットはフランス製のコンベクション・オーブンで焼き上げた「焼きたてパン」。2号店ではこれまでのメニューに加え、果汁100%フレッシュジュース(無添加)を季節に合わせて数種類を用意する。またランチ用に、玄米を使ったフレンチライスを提供する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中