「和」の着せ替えケータイパネル「友禅」「漆」が登場

印刷
漆素材の「薫風」(左)と友禅素材の「乱菊」
漆素材の「薫風」(左)と友禅素材の「乱菊」

   ソフトバンクモバイルソフトバンクBBは2008年4月30日、「京友禅」と「京漆器」という日本の伝統工芸をモチーフにした着せ替えケータイ用パネル「JAPAN TEXTURE」を発売した。

   「JAPAN TEXTURE」は、ソフトバンクのケータイ「823SH」向けのテクスチャーパネル。パネル表面の素材に友禅を取り入れた「JAPAN TEXTURE 友禅」と、漆を採用した「JAPAN TEXTURE 漆」の2つのラインアップで、各6種類を展開する。

   JAPAN TEXTURE 友禅は、鮮やかで多彩な柄模様と染色技法で知られる京友禅の「木村染匠」とのコラボレーション。各柄50枚の限定販売だ。

   また、JAPAN TEXTURE 漆は、300年以上の歴史を持つ京漆器の老舗「象彦」との共同企画。6種のうち5種は各柄100枚、残り1種「桜花」は10枚のみ販売する。「桜花」は、希望の文字を平仮名で蒔絵にデザインすることができるオーダーメイド品で、全て受注生産となる。

   価格は「桜花」が15万8000円、そのほかは1万3800円~2万4800円。「桜花」以外の各テクスチャーはソフトバンクBBのオンラインショップ「SoftBank SELECTION」や一部量販店などで販売するが、「桜花」の予約・購入はオンラインショップでのみ受け付ける。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中