世界のギャル人口とケータイ所有率の関係

印刷

   こんにちは!藤田志穂です。

   先日ケータイ画面に流れるニュースで

「日米中韓で携帯電話所有率は日本が最多」

というトピックスが流れてきましたっ!!

全然ケータイを使ってない!

ケータイはどこまで進化する?
ケータイはどこまで進化する?

   その記事には、文部科学省所管の財団法人・日本青少年研究所などが日米中韓の4か国を対象にした「高校生の消費について」を調査したところ。。。

<携帯電話を持ってぃるのは、日本が96.5%と最多で、最少の中国は63.4%。ところが、パソコンを持ってぃるのは、日本が21%と最少。最多は米国の60.7%>

という結果が出てぃました。

   そういえば、先日お仕事でアジアに行った時も、周りを見ると「必要な用事」以外は全然ケータイを使ってない!

   しかも、その国の方々は電話を全く気にしていない。

   日本だったら食事の時も寝てる時もケータイを側に置いてる人が多いですが、聞いた限りでは、海外はそういった文化は少ない様です。

   日本のケータイも海外のケータイも、最初はシンプルだったはず!

   でも、日本はどんどんケータイを突き詰めて進化させていき、種類も増えて機能も揃い、ビジュアルも可愛くて、デコレーションもしたり!

   ワンセグやカメラ、ネット、セキュリティ、GPS、お買い物に、音楽が聴けて、テレビ電話まで出来る!

   PC(パソコン)に負けないくらぃ沢山の機能を兼ね揃えている携帯。

PCよりケータイ

   日本の高校生のケータイ所有率96.5%は、当たり前の様な感覚に近ぃ気もしますね。

   と、PCよりもケータイという現状を見て……

   PCよりもケータイを上手に使いこなすのはティーン(ギャル)、そのケータイの高校生普及率は日本が1番。

   日本はギャル人口率1番の国……。

   という事は……

   携帯電話を持ってぃるのが96.5%と最多なのは……

   ギャルがぃるからっ!!!!!

   なーんて、完全妄想ですが、少なからず影響してると思ぃます!

シホ有限会社G-Revo 藤田志穂

シホ有限会社プロフィール

シホ有限会社G―Revo
ギャル社長こと藤田志穂さんが2005年に19歳で起業した会社。ギャルに対する偏見やネガティブイメージを払拭しようと活動中。藤田社長は、講談社から「ギャル革命」を出版、ブログ「☆ギャルの革命☆」も更新中。ギャルでも、いやギャルだからできる! とギャルに特化したリサーチや企画・開発、プロモーションを行っている。ギャル100%会員サイトGRP(ギャル・リサーチ・プレス)のプロデュースもしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中