ハードディスクが120GBに「レッツノート」夏モデル

印刷
松下電器産業「レッツノート」シリーズの夏モデル
松下電器産業「レッツノート」シリーズの夏モデル

   松下電器産業はモバイルノートパソコン「レッツノート」シリーズの夏モデル4機種を、2008年5月17日より順次売り出す。

   前モデルと比べて容量が1.5倍の120GBのハードディスクを全モデルに搭載した。いずれもOSはWindows Vista Business SP1。Windows XPへのダウングレード用DVDも同梱する。台数限定でMicrosoft Office搭載モデルもラインアップした。

   市場想定価格は14.1型「Y7シリーズ」が27万円前後、スーパーマルチドライブを内蔵する12.1型「W7シリーズ」が25万円前後、ドライブ非搭載の12.1型「T7シリーズ」が22万円前後、10.4型「R7シリーズ」が20万円前後。(Office搭載モデルはいずれも3万円増し。)直販サイトではフラッシュメモリドライブやワイヤレスWAN搭載のオリジナルモデルも販売する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中