噂の「プラダケータイ」6月に発売

印刷

   イタリアの高級ブランド「PRADA(プラダ)」の携帯電話がNTTドコモから販売されることになった。その端末「PRADA phone」が2008年5月8日、東京・青山のプラダ・ビル「PRADA Tokyo Epicenter」で披露された。6月に店頭に並ぶ予定だ。

   プラダケータイ「PRADA phone by LG(L852i)」は、韓国の大手家電メーカーLG電子と提携し開発した端末で、厚さ12.7mmのスリムなボディと3.0インチのワイドサイズのディスプレイを備える。ディスプレイを指でタッチして操作するため、従来の携帯電話のようなキーパッドがないのが特徴だ。

   また、日本向けの仕様として「iモード」や「着うたフル」といったサービスや、海外でも使える「WORLD WING(3G)」機能を整えた。大きさは高さ101mm、幅54mm。価格は現在調整中とのことだ。

「積極的に新しい体験をしたい層にアプローチ」

プラダとLG電子が提携した「PRADA phone」。専用ポーチやタッチペンも付く
プラダとLG電子が提携した「PRADA phone」。専用ポーチやタッチペンも付く

   新製品発表会では、LG電子のマーケティング戦略バイスプレジデントを務めるチャン・マ氏が「日本では(機能への)要求度が高く、高品質でニーズにあったものを提供したかったことから多くの議論を重ねてきた」と、開発の苦労を明かした。そして、「お客さんが今まで体験できなかったものを提供したい」とアピールした。

   一方、プラダ・グループでビジネス開発ディレクターを担うジャコモ・オヴィディ氏は、タッチパネル方式の操作法が既存の携帯電話とは違うことを強調。ターゲットについては、「若い世代への関心を引くとともに、より洗練された層、積極的に新しい体験をしたい層にアプローチしていきたい。男性、女性を問わず、モバイルを自己表現のツールとして使ってほしい」と話した。

   プラダ・グループとLG電子は、06年12月に携帯電話端末分野で協力することを発表。韓国では07年1月から「プラダケータイ」の販売を開始した。アップル社が欧米で販売するタッチ型の携帯電話「iPhone」に先駆けた商品だった。同年3月からはヨーロッパ地域やアジア地域での販売を拡大。08年5月までに世界44か国で80万台の販売台数を記録しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中