京都の基本四寺を巡る「仏像」本 集英社

印刷
集英社『京都、仏像をめぐる旅』
集英社『京都、仏像をめぐる旅』

   集英社はエッセイ集『京都、仏像をめぐる旅』を2008年4月23日に発売した。著者は、自身を「テラタビスト」を名乗る寺旅研究科の吉田さらさ さん。京都のお寺と仏像をキーワードに語るエッセイ集だ。

   京都の基本四寺という「東寺」「広隆寺」「平等院」「三十三間堂」での仏像の見方や見所、基礎知識をフランクな語り口で解説している。

   文庫判、256ページ。840円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中