2019年 12月 8日 (日)

エコバッグ使用者が急増 「高くてもオシャレ」が人気

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   スーパーマーケットで買い物をする時に、レジ袋を使わず、「エコバッグ」や「マイバッグ」と呼ばれる布製の袋を持参する人が増えている。最近ではデザイン性を重視したものが増え、買い物だけでなく、通勤時に使う女性も多い。

2年前に比べ「2倍以上の売れ行き」

スーパープランニングが展開するブランド「ROOTOTE」のエコバッグ「ROO-shopper Grande」はカゴにつけることもできる
スーパープランニングが展開するブランド「ROOTOTE」のエコバッグ「ROO-shopper Grande」はカゴにつけることもできる

   エコバックを多数揃える東急ハンズ渋谷店では、

「女性を中心に幅広い年齢が購入している。まとめ買いする人もいる」(売り場担当者)

と、ちょっとしたブームのようだ。

   価格帯は500~1500円が中心で、カラフルでおしゃれなものが人気だ。

   エコバックを専門に扱うネットショップもある。「エコバッグstyle」では、約100種を販売している。サイトを運営しているセイチョウマーケティング(東京都港区)の担当者は、

「販売を開始した2006年に比べて、最近は2倍以上売れている」

と話す。

   売れ筋は1500~2000円と、高めだ。買い物以外にも、通勤時にサブバッグとして使用する女性も増え、デザイン性の高いものが売れるようだ。

   こんなエコバッグもある。

   スーパープランニング(静岡県浜松市)では、08年4月19日に公開した映画「ファクトリー・ガール」とコラボレーションしたエコバッグを発売している。また、アーティストらがデザインし、4月29日~5月6日に東京・代官山で開催されたエコイベントで展示。その後、オークションサイト「CROWN JEWEL」で販売した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!