2018年 7月 24日 (火)

DSで手塚治虫「火の鳥」が読める

印刷
「火の鳥」(C)TEZUKA PRODUCTIONS/(C)2008 COMPILE HEART・NAZCA
「火の鳥」(C)TEZUKA PRODUCTIONS/(C)2008 COMPILE HEART・NAZCA

   手塚治虫さんの名作「火の鳥」がDSで読めるようになる。コンパイルハートが2008年6月19日、「DSで読むシリーズ 手塚治虫 火の鳥1/2/3」を3巻同時に発売にするのだ。

   「火の鳥」といえば手塚さんのライフワークといわれた漫画。手塚さんが亡くなった今でも、世代を超えて、多くの人々から支持され続けている。その名作をニンテンドーDSで楽しめるようにした。

   ソフト1巻に単行本5~6冊分相当を収録。DS1台で手軽にどこでも漫画が読める。「クイックセーブ」と呼ばれる機能により、「クイックセーブ」をした場所から読み直すこともできる。

   また、DS特有のダブルスクリーンを用いることで、1ページの見開きと、選んだ1コマを見ることができる。まるで本物のマンガを読んでいるような感覚が味わえるという。さらに、ページを開く音を聞かせたり、衝撃的なシーンで画面を振動させたりして、紙面を読む以上の臨場感を楽しめるように工夫した。

   価格は1巻4179円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中