相手に合わせて「言葉使い」が変わる!新ケータイソフト

印刷
送信相手に合わせて予測変換ができる。
送信相手に合わせて予測変換ができる。

   携帯電話でのメール入力がさらに簡単になる。オムロンソフトウェアは新しい日本語入力システムを開発したと2008年5月13日に発表した。

   新システム「iWnn(あいうんぬ)」の最大の特徴は、送信相手に合わせて予測変換ができることだ。例えば「ありがとう」と入力したい時に、友達や恋人には「ありがと!」、上司には「ありがとうございました」と異なる表現が表示される。アドレス帳のグループごとに認識する仕組みだ。

   季節や時間に合わせた予測変換も可能だ。入力したのが朝だと「おはよう」、昼には「こんにちは」と候補が上がる。

   「iWnn」は08年秋モデルの携帯電話に搭載される予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中