2018年 7月 20日 (金)

人が通るとパッと明るく「防犯照明」

印刷
松下電工「見守ルクス ひとセンサ連動機能付照明器具」
松下電工「見守ルクス ひとセンサ連動機能付照明器具」

   松下電工は、センサーの検知で明るくなる防犯照明「見守ルクス ひとセンサ連動機能付照明器具」を、2008年5月15日から発売した。

   人の顔や行動を識別できる程度の明るさ(20ルクス)を確保できる32形コンパクト形蛍光灯(FHT32形ランプ)を採用し、親器と子器に「ひとセンサ」を搭載。親器1台に対して子器が最大15台接続できる。それぞれを電力線通信によって連動制御して、マンションの共用廊下などの空間の暗がりを排除する。

   人がいない場合は約30%の明るさに抑える一方で、人が通ると100%点灯するので、省エネ効果と防犯性を確保するとともに、近隣住民へのまぶしさを低減できる。

   希望小売価格は、親器が10万800円、子器は7万9800円。販売目標は年間6000台(09年度)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中