2021年 7月 29日 (木)

「敗軍の将」東芝が新機種発売 旧型DVDで生き延びる戦略?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

"X"で「お家再興説」が根強くあるが…

「RD-S502」は新機能「DVD Burning」を利用可能。「RD-X7」は不可
「RD-S502」は新機能「DVD Burning」を利用可能。「RD-X7」は不可

   東芝は公式には「ブルーレイ搭載機はつくらない」との方針を通している。そこで根強くあるのがブルーレイ以外の新たなメディアを搭載したHDD&“X”レコーダーでお家再興を図るのではないか――という説。

   筆者の持論は「先のことはわからない」だが、それにしても、この数年内に「対ブルーレイ」の“X”が登場するというのは、ほとんど非現実的に思える。東芝が画期的な新技術を自社製レコーダーの記憶媒体に採用することは技術的には問題なくできるだろう。

   しかし、それが東芝でしか使えないのでは勝手が悪いし、流通も限られる。市販の映画ソフトへの採用なども難しいだろう。現在、すでに近所のCDショップでブルーレイの映画ソフトが買え、レンタル店での貸し出しも始まっている。東芝の新メディアが自機でのテレビ放送の録画・保存オンリーならば、消費者がどちらを選ぶかは明らかだ。

   いまからHD DVDに費やしたのと同じ時間と費用をもって、いちから“X"の進化と多数派工作に取り組んでも、その間にブルーレイの普及が(遅々としてかもしれないが)進むのである。そもそもハリウッドの映画会社も今更“X”に乗ってこないだろう。新世代DVD対決が関ヶ原の戦いなら、これの勝ち目は大坂の陣ほどに薄い。

虎古田・純

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!