ルーニー、最新スパイクで得点なるか? 欧州リーグ決勝で着用

印刷
ウェイン・ルーニー選手のシュートに注目が集まる
ウェイン・ルーニー選手のシュートに注目が集まる

   モスクワで2008年5月21日(日本時間22日午前3時45分)に「キックオフ」する欧州チャンピオンズリーグ決勝。マンチェスターUとチェルシーの英プレミアリーグ勢同士の決戦に注目が集まるなか、マンチェスターUのストライカー、ウェイン・ルーニー選手が着用予定のスパイクが08年5月から日本でも順次発売されている。

   このスパイクはナイキの「TOTAL90 LASER II」。靴紐部を足の甲の中心から外すことで、スパイクとボールの接触面を広くし、ボールのコントロール性を高める設計になっている。さらに、帝人製の人工皮革とメッシュを採用し、選手の足の保護と、温度環境を維持するという。価格は、カンガルーレザー使用モデルで2万2050円。

ルーニー選手が着用する「NIKE TOTAL90 LASER II」
ルーニー選手が着用する「NIKE TOTAL90 LASER II」
「自分が一番スパイクで使っている部分は、おそらくこの部分。親指のところです。ここが一番シュートに使う所で、ボレーの時は、この『90』のバッチがついているところで(シュートを)打っています。親指の部分を主に使いますが、単純なパスの時は、足の甲」

と話すルーニー選手。決勝戦でどんなシュートを放つか、注目されるところだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中