2018年 7月 23日 (月)

家が壊れなくても保険金もらえる「地震保険」

印刷
地震は突然やってくる(写真は阪神・淡路大震災で倒壊した建物)
地震は突然やってくる(写真は阪神・淡路大震災で倒壊した建物)

   日本震災パートナーズは、個人向けの地震保険「地震被災者のための生活支援費用保険」を2008年7月1日から販売する。

   震度6強以上の地震が起きた場合に被災保険金5万円が支払われる。自宅が地方自治体より半壊または全壊以上の被害認定を受けると、被災保険金30万円(被災保険金5万円を支給済みの場合はその差額)が支払われる。

   従来の保険では、大地震が発生しても居住する建物や家財に大きな被害がない場合は保険金が支払われなかった。しかし、電気・ガス・水道などのライフラインに支障が生じ、自宅での生活の継続が困難になることが予想される。このような時に生活費用を補填するための保険だ。

   保険料は、月換算300~400円程度。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中