2018年 7月 17日 (火)

洗浄力を高めた「洗濯槽」の凸部 東芝ホームアプライアンス

印刷
東芝ホームアプライアンス「AW-80VF」
東芝ホームアプライアンス「AW-80VF」

   東芝ホームアプライアンスは、洗濯槽の壁面に山型(凸部)を設けることで、手もみ洗いのような押し洗い効果を引き出して洗浄力を高めた縦型洗濯乾燥機「AW-80VF」と「AW-70VF」の2機種を、2008年7月上旬に発売する。

    新製品は、衣類を上下に入れ替えながら洗う「Wターンパルセーター」の水流に加えて、洗濯槽の内側に108個のなめらかな山型(凸部)を設けた「スタークリスタル ドラム」を採用。山型(凸部)に衣類を押しあてるように洗うことで、洗浄力が従来(同社製)に比べて約5%向上する。「自動槽乾燥 カビプロテクト」も搭載している。

    「AW-80VF」は、洗濯・脱水容量が8キロ、乾燥容量が4.5キロ。「AW-70VF」は同7キロと同4キロ。カラーはいずれも、ピュアホワイトとシャイニーゴールド。オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中