「私たち浅はかでした」 押切もえ、原監督に「お忍び旅行」目撃される

印刷

   巨人の野間口貴彦投手(24)との交際をブログで認めたモデルの押切もえさん(28)が、マイクロソフトのQ&Aサイト「MSN相談箱」のPRキャラクター「MSN相談党 党首」に就任した。2008年6月4日に開かれた記者発表会では、司会者から「熱愛」についての質問も飛び出し、押切さんは海外旅行先で、原監督に目撃されてしまったというエピソードを披露。「浅はかだったので、私たちも…」と恥ずかしそうにふり返っていた。

押切さん、「失敗談」披露
押切さん、「失敗談」披露

   司会者から「熱愛報道を拝見しました。おめでとうございます。これで、お互いに『とうしゅ(党首・投手)』になられた訳ですよね?」と話を振られると、

「『党首になりました!』って報告したら、(野間口投手は)『えっ?!』って。投手なりの驚きがあったようです。『同じ?!』みたいな」

と応じた。また、司会者が「思い出の場所というのは…」と聞くと、

「以前、海外旅行に友達みんなと一緒に行きました」

と、交際発覚前にお忍びで海外旅行に出かけていたことを明かした。司会者は面食らったようで

「もっと突っ込みたいんですけどこの辺で…」

と切り上げようとすると、逆に

「もっと話してもいいですか?」

と、旅行先での失敗談を明かした。

「そのときに、あこがれている球場を見に行ったり、内緒で旅行を計画して、皆さんから隠れるようにして行ったんですけど、何と最後の空港のラウンジで原監督に会ってしまって…。知らないふりして歩いていったんですけど。浅はかだったので、私たちも…。(野間口投手が原監督に)すごい突っ込まれたみたいです。『気まずかった』って言ってました」

   もっとも、この「失敗談」には、

「そういった時どうすればいいか、『相談党』に聞いてみたいですよね」

というオチがついており、思わぬ形でQ&Aサイトを強力にPRする形となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中