2018年 7月 23日 (月)

確実に記録が残るビデオカメラ付懐中電灯

印刷
キャロットシステムズ「AD-1500」
キャロットシステムズ「AD-1500」

   キャロットシステムズは2008年5月15日からLEDライト型デジタルビデオレコーダー「AD-1500」を販売している。

   「AD-1500」はLEDライトとして使用しながら、現場の様子を音声と映像で記録することのできる懐中電灯。危険が伴う状況下で、事件や事故が起きた際に確実な記録を残すことができるという。暗い場所では自動的に赤外線撮影になるので、夜間の警備や災害救助活動などにも最適だ。

   光量は低・中・高の三段階で調節でき、中程度の光量で同時に録画を行った場合、駆動時間は2.6時間ほど。また、30万画素の高解像度で、録画方式には高圧縮の「MPEG-4」形式を採用。ミニSDカードに直接録画するので、付属のUSBケーブルで録画した映像をパソコン上で再生することができる。

   ニッケル水素電池による充電式で、ACアダプターで充電する。緊急時には単二型の乾電池3本でも使用可能だ。

   法人のみを対象にした販売で価格は8万5千円ほど。これまで、警備会社などの一般企業や、官公庁に300~400個ほど採用されたとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中