2019年 12月 6日 (金)

伝統は勝ち抜き戦のようなもの――「スコッチの島」の新しい蒸留所

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

伝統を守り育てていく努力、復活させる努力

ラガヴァリンというアイラ島の蒸留所。嬉しそうな背中が嶋田君だ
ラガヴァリンというアイラ島の蒸留所。嬉しそうな背中が嶋田君だ
スコッチの原料となるモルト。麦の芽が出ている
スコッチの原料となるモルト。麦の芽が出ている

   キルホーマンは酒造に関わる様々な人々と他のスコッチ蒸留所の尽力によって復活した蒸留所だ。この蒸留所は100%この島の産物で作られているのを自慢としている。麦も自前で育てている。伝統を復活させる努力がここでは払われている。

   そしてさらに新しい、9カ所めの蒸留所、ポート・シャーロットが動き始めたとのこと。こちらはまだウィスキーを公表していない。

   産業としてのスコッチ造りの基盤がしっかりしていないのは、蒸留所の浮き沈みが示している。伝統を守り育てていくのは日本に限らず大変な努力がいるのだろう。

   かつて地元だけで消費されていたスコッチは今では世界という市場を手にしている。きっと、市場が大きくなったところで生産調整がうまくいかなくなって、蒸留所の浮き沈みが出たのだろう。生き残ったところ、消えていったところ、そして力を合わせてもう一度生まれたところ。伝統はまさに勝ち抜き戦になっている。

   アイラ島を知った今、嶋田君にとってウィスキーはいっそう味わい深いものになっているだろう。僕ですら、すこし味わいが深く感じられるようになったくらいだ。


◆坂井 直樹 プロフィール

坂井直樹氏
ウォーターデザインスコープ代表/コンセプター。1947年京都市出身。京都市芸術大学デザイン科入学後、渡米。サンフランシスコでTattoo Companyを設立。ヒッピー達とTattooT-shirtを売り、大当たりする。帰国後、ウォータースタジオを設立し、日産「Be-1」「PAO」のヒット商品を世に送りだし、フューチャーレトロブームを創出した。2004年デザイン会社、ウォーターデザインスコープ社を設立し、ケイタイを初めとした数々のプロダクトを手がける。現在auの外部デザイン・ディレクター。07年9月、新メディアサイト「emo-TV」を立ち上げる。同年12月には、日常の出来事をきっかけにデザインの思想やビジネスコンセプトを書きつづった「デザインの深読み」(トランスワールドジャパン刊)を著した。

>>>emoTV ムービーのココロミ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!