「ベトナムの赤ひげ先生」無償の治療活動を語る

印刷
ベトナムで無償の治療活動を続ける服部匡志さん
ベトナムで無償の治療活動を続ける服部匡志さん

   かざか証券は2008年6月20日18時30分から、東京・大手町のサンケイプラザで、眼科医の服部匡志(はっとり・ただし)さんの講演会を開催する。服部さんはベトナムで無償の治療活動を続けており、「ベトナムの赤ひげ先生」の異名をもつ。

   講演のタイトルは「6000人の失明から救ったハノイの赤ひげ眼科医 ベトナムのボランティア活動を語る」。ベトナムの貧しい人々に治療を行うとともに、ベトナムの医師たちに網膜硝子体手術の最新技術を伝えようと奮闘する日々について語る。

   今回の講演会は、かざか証券の小西準一社長の就任記念として実施される。小西社長が服部さんと親交があり、その活動を支援したいと考えていたことから、講演を依頼したという。

   また6月23日18時30分からは、大阪市の大阪科学技術センターでも、同様の講演会が開かれる。いずれも入場無料だが、6月10日17時までに、講演会の紹介ページで参加申し込みをする必要がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中