「911シリーズ」をマイナーチェンジ ポルシェ ジャパン

印刷
ポルシェ ジャパン「911カレラSクーペ」
ポルシェ ジャパン「911カレラSクーペ」

   ポルシェ ジャパンは、「ポルシェ911シリーズ」(タイプ997)をマイナーチェンジし、その概要と価格を2008年6月6日に発表した。なお、国内での注文受付は08年7月1日を予定している。

   エンジンは3.6Lと3.8Lの新設計水平対向6気筒エンジンを搭載。燃料直噴システムである「ダイレクト・フューエル・インジェクション(DFI)」により、走行距離100kmあたりの燃料消費率を9.8Lとするなど、効率性を高めた。また、最高出力は3.6Lエンジンが345ps(従来比20ps増)、3.8Lエンジンが385ps(同30ps増)となり、動力性能も向上させている。

   トランスミッションは新開発のダブルクラッチ式トランスミッション「ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)」を採用。駆動力やトラクションを失うことなくすばやいシフトチェンジが可能となる。8タイプあり、価格は1162万円~1627万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中