ひと味違う 「仕上げの小袋」付きのレトルト丼

印刷
「牛丼」(左) 「中華丼」(中) 「親子丼」(右)
「牛丼」(左) 「中華丼」(中) 「親子丼」(右)

   江崎グリコは、丼の味を一層楽しめる「仕上げの小袋」付きのレトルト丼を、2008年6月24日から2008年8月末ごろまでの期間限定で発売する。

   レトルト丼のトップブランド「DONBURI亭」の発売20周年を記念した。各食品の名店とコラボした「仕上げの小袋」1袋を封入し、丼の味がより引き立つようにした。

   「牛丼」には、元祖七味唐辛子本舗、やげん堀の「七色唐辛子」を封入、ピリッとした辛さと山椒の香りが楽しめる。「中華丼」には、横浜中華街有名店・横浜大飯店が監修した「仕上げ香味油」を付け、ごま油の風味と、ラー油の辛みを堪能できる。また、「親子丼」には京都錦市場老舗店、島本海苔乾物の切り海苔「京の錦」を添え、おいしさがより際だつようにした。

   希望小売価格はいずれも250円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中