2018年 7月 22日 (日)

「遅延証明書」もケータイで JR東日本

印刷
ケータイから見られる「遅延証明書」
ケータイから見られる「遅延証明書」

   JR東日本は、朝の通勤・通学時間帯に列車が遅れた場合の「遅延証明書」を携帯電話でも取得できるサービスを2008年6月27日から始める。同社の携帯向けサイトに遅延証明書を掲載して、携帯電話から閲覧・保存できるようにする。

   対象となる路線は、山手線や中央線、東海道線など計18路線。午前7時~9時の間に、事故などで電車の遅延が発生した場合、JR東日本の携帯サイトの「鉄道運行情報」のページに遅延証明書が掲載される。

   掲載期間は当日の午前9時すぎから翌々日までの3日間。価格は通信料を除いて無料。 駅で配っている"紙の遅延証明書"も引き続き、配布するという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中