東海大学、「ル・マン」で無念のリタイア

印刷

   世界的に有名な自動車耐久レース「第76回ルマン24時間レース」の決勝が2008年6月14日から15日にかけて、フランス・ルマンのサルテ・サーキットで行われた。この決勝にはJ-CASTモノウォッチでも紹介した「東海大学ル・マンプロジェクト」も参戦したが、完走することはできなかった。

   総合41位で予選を通過。決勝でも順調に周回を重ね、順位を上げていったが、スタートしてから約18時間後、186周目でギアボックスにトラブルが発生し、無念のリタイアとなった。

   優勝したのはトム・クリステンセンらが運転したアウディR10。381周を走り、アウディ勢として5年連続の優勝を果たした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中