燃費を向上させたゴルフのエントリーモデル

印刷
フォルクスワーゲン グループ ジャパン「ゴルフ TSI トレンドライン」
フォルクスワーゲン グループ ジャパン「ゴルフ TSI トレンドライン」

   フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、「ゴルフ TSI トレンドライン」を2008年6月17日から売り出した。

   ゴルフのエントリーモデルとして用意されていた「ゴルフ E」の後継で、1.4リッターTSIシングルチャージャーエンジンを搭載する。10・15モード燃費が、「ゴルフE」に比べ20%向上し、ガソリン1Lあたり15.4km走行できる燃費を実現したという。

   採用されるトランスミッションは7速DSGとなり、従来の6速DSGに比べ発進時の変速ショックの改善やクラッチの耐久性などが向上している。価格は248万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中