建物倒壊を防ぐ「減振装置」つきの木造住宅

印刷
建物の基礎(下)と土台(上)の間に減振装置「ゲンシンF」を設置して、摩擦により住宅の振動を減らす
建物の基礎(下)と土台(上)の間に減振装置「ゲンシンF」を設置して、摩擦により住宅の振動を減らす

   住宅メーカーのユーロJスペース(東京都渋谷区)は、大型地震に対応した摩擦減震装置「ゲンシンF」を装備した木造住宅の販売を始めた。

   ゲンシンFは、地震の力を分散して逃がすことで、建物の揺れを減らすことを目指した装置。木造住宅の基礎と土台を固定するアンカーボルトのところに、摩擦式の減振装置を設置し、地面から建物に伝わる振動を減らすという。40坪の家の場合は約80か所にこの減振装置を取り付けることで、大型地震への備えとする。

   ユーロJスペースによると、地盤面と建物の振動周期が一致する「共振」を防ぐ作用があり、建物の倒壊を避けることができるようになるという。同社は

「ゲンシンFならば、あらゆる木造住宅に対応でき、従来の免震工法よりも低コストで地震対策を施すことができる」

とアピールしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中