2021年 6月 15日 (火)

「ATOK」月額300円制で日本語入力は向上するか?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2008年6月18日、ジャストシステムは主力製品の日本語入力システム「ATOK(エイトック)」の定額制サービスをはじめると発表した。

   月額制の「ATOK for Windows 月額版」(300円)と年額制の「ATOK for Windows スターターパック 1Year版」(3200円)の2種類があり、どちらも週に一回程度、インターネット経由で認証を行う仕組みだという。提供開始は9月2日の予定だ。

MSが日本語入力に「本気」とは思えない

ATOKの辞書セット付き「プレミアム」は実売8000円~
ATOKの辞書セット付き「プレミアム」は実売8000円~

   さて、このニュースに触れる前に、「日本語入力」の現状を振り返ってみよう。筆者が思うに、(Windows)パソコンの日本語入力というのは、かなりひどい苦痛を伴う作業である。主流のローマ字入力は非効率だし、かな入力も負けじとやりづらい。日本語入力のON/OFFはアプリケーションによって勝手に切り替わり、日本語を打ったつもりが画面には無情にもアルファベットが表示される。そのON/OFFの切り替えをするにも、キーボードのホームポジションから遠く離れた「半角/全角」キーを使わなければいけない。

   これらはカスタマイズによってある程度解消できるが、WindowsやMicrosoft Officeに付属する日本語入力システム(MS-IME)がストレスに追い打ちをかける。珍妙な誤変換(語彙の少なさ)、文節への無理解、遅々とした成長ぶり――はまるでユーザーの忍耐力を試しているかのようだ。

   マイクロソフトによると、日本語MS-IMEは数年ごとに大山鳴動しながら発売されるOSやOfficeと合わせて改善されているはずだ。しかし、毎度毎度、実際に使ってみると、シアトルの巨大グローバル企業がニッチな日本語入力にどこまで本気で取り組んでいるのか――と訝しくなる出来栄えである。必要最低限のサービスを提供しておけば良いといった割り切りが透けて見えるようだ。

虎古田・純

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!