事件後の秋葉原メイド喫茶 「一見さん」のお客が増えた

印刷

   17人が死傷した、秋葉原の無差別殺傷事件。事件から2週間が経った2008年6月22日の日曜日、J-CASTモノウォッチの記者が秋葉原を訪ね、メイドさんたちに話を聞いてみた。

メイドさんはビラ配りを「自粛」

街頭でメイドさんに話しかける警察官の姿も見られた
街頭でメイドさんに話しかける警察官の姿も見られた

   事件発生とほぼ同時刻の12時すぎ。JR秋葉原駅から事件のあった中央通りへ出てみた。雨のせいか、普段より人通りが少ないようだった。

   以前は多く見られたビラ配りのメイドさんたちの姿がちらほらとしか見られない。事件のあった中央通りと明神通りの交差点付近は特に少なく、確認できたのは一人だけだった。事件後秋葉原の様子がどのように変わったのか、幾つかのメイド喫茶に入店してみた。

   中央通りに面したメイド喫茶で働く、20代半ばのメイド・くるみさん(仮名 以下同じ)は、

「以前は、事件のあった中央通りと明神通りの交差点付近でもビラを配っていたのですが、事件の後は少し離れた末広町の方で配るようにしています。他のメイド喫茶もそうしているみたいですね」

と話す。メイドさんたちも事件後の街の空気の変化を感じて、ビラ配りを「自粛」しているようだ。

   このメイド喫茶は、雨だというのにほぼ満席という盛況ぶりだった。20代と見られる男性客がメインで、店のメイドさんたちとゲームに興じていた。

   事件後の客足に関して、くるみさんは、

「様子を見に来る人がいるので、平日はお客さんが増えましたね」

と話す。事件のせいで客足が遠のくと単純には言えないようだ。

   確かに、店には普段秋葉原に来ないようなカップルが一組いた。このお店、席に着くとメイドさんがお客の手をタオルで拭いてくれるのだが、女性の方が馴れないためか大はしゃぎ。メイド喫茶には初めて来たようだった。

事件現場を見たついでにメイド喫茶へ?

献花台には人が絶えなかった
献花台には人が絶えなかった

花束、飲み物などの他にフィギュアも供えられていた
花束、飲み物などの他にフィギュアも供えられていた

   他の店も同様のようで、事件現場から少し離れた有名店で働いていた、20代前半のメイド・ハルさんもこう話す。

「今週は雨のせいかお客さんが減ったのですが、事件の起きた週は様子を見に秋葉原まで来る人がたくさんいたようで、一見さんがたくさん来ました。『現場』を見たついでにメイド喫茶に寄っていっているのかも知れません」

   凄惨な事件の「現場」となった中央通りと明神通りの交差点。その角には犠牲者を弔う献花台が設けられている。

   献花台には花束や、ペットボトルの飲み物、お菓子などが置かれていたが、秋葉原という土地柄もあってか、ガンプラやフィギュアなどが多く供えられていた。

   供え物を置いて手を合わせる人、ただ呆然と佇み涙を流す人、そしてその様子をビデオカメラで撮る人――事件から2週間後も、様々な人が献花台を訪れていた。

   事件のせいで、普段秋葉原に訪れない人も来るようになったらしい。興味本位で秋葉原を訪れる人も少なくない状況に対して、20歳前後のメイドさんが苦言を口にした。

「先週は野次馬がたくさんきました。献花をしたりする人はいいのですが、野次馬はどうかと思いますね」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中