お肌を若く見せるパウダーを開発 花王

印刷

   花王ビューティケア研究センターは、肌を若く見せる「フェイスランプパウダー」を開発したと、2008年6月23日に発表した。

   同センターでは、小じわや毛穴の開きが原因となり、肌の表面に波打ったような陰影ができることに着目。18歳~39歳の女性161人を調査したところ、陰影が少ないと若く見え、多いと老けて見えるということがわかった。この結果をもとに、粉体内部に光を透過・散乱させるパウダーを開発した。

   光の透過散乱性が高い板状の粉体の表面に、肌色を鮮やかにする微粒子などが、ポリマーで固定されている。また、製造方法には花王独自の技術を採用し、軸となる粉体表面に微粒子同士が固まることなく薄く均一に付着させることが可能となった。今後、ファンデーションの開発に応用していくという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中