「汚れが風合いに変わる」 丈夫で長持ち「帆布バッグ」

印刷

   帆布のバッグは街角やショップでたくさん見かけるが、須田帆布のものは、すぐに分かる。どこかが違う。

「いま、いちばん信頼できる布は9号帆布。自信を持って形にできる。丈夫さと、仕上げたときの美しさが違う」

   30歳のときに独学でバッグづくりを始めた須田栄一さん。以来30年、製作したバッグは500種を越える。

見えない細部に施された様々な工夫

帆布のバッグ。左から、<フィールド・Dバッグ>1万185円、<スタンダード・Dバッグ>9975円、<ループ・ショルダー>9660円。
帆布のバッグ。左から、<フィールド・Dバッグ>1万185円、<スタンダード・Dバッグ>9975円、<ループ・ショルダー>9660円。

   帆布とは、木綿の平織りの生地のことで、撚った綿糸を経・緯交互に1本ずつ交差させて織る。丈夫で吸湿性・通気性に優れ、濡れると目がつまり水を通しにくい。

   須田帆布のバッグは、見えないところに手間をかけている。たとえば<ごきげんトート>の持ち手。表面だけ見ると、持ち手を縫い付けたステッチは1本しかない。これで大丈夫なのかと、よく聞かれるそうだ。

   しかし実は裏側にちゃんと、もう1本のステッチが隠されている。

「表からステッチを2本縫えば簡単です。でも、このバッグはステッチが1本でないと、かっこ悪いんです」

   表布と裏布を中表に重ねて、その間に持ち手を挟み、縁の端から端まで1回縫う。それを作業台の上に返して広げ、布が重なった部分を木槌で叩いて馴染ませて、その後やっともう1本のステッチを入れる。

ここにしかない正真正銘オリジナル

ミシンに向かう須田栄一さん。木綿の9号帆布、縫い糸はナイロン製。デザインによって布も糸もオリジナルの色に染める。
ミシンに向かう須田栄一さん。木綿の9号帆布、縫い糸はナイロン製。デザインによって布も糸もオリジナルの色に染める。

<ごきげんトート>に持ち手をつける。縫って折り返して、伸ばしたり叩いたり、ミシンと作業台を往復しながらの作業。
<ごきげんトート>に持ち手をつける。縫って折り返して、伸ばしたり叩いたり、ミシンと作業台を往復しながらの作業。

   もとより平織の帆布は、ほつれやすい。そのためヌイシロは多めに1センチ取り、中巻きテープで養生する。底を二重にしたり、力が掛かる部分をカンヌキ縫いで補強したり、見えない細部にさまざまな工夫がある。そうして丈夫で長持ちする、美しく面白い、かっこいい帆布のバッグが仕上がる。

「日常使うものだから、シンプルで普通のバッグがいい。帆布が他の布と違うのは、汚れが風合いに変わること」

   帆布も糸もオリジナルの染め色。ストーンウォッシュに見える帆布は、生地を傷めないバイオ加工だ。

   長年愛用されて、ぼろぼろになったバッグが修理に戻って来ることがある。縫い目をほどいてパーツに分解し、傷んだ金具や布を取り替え、補強し、また元の針穴の通りに縫い上げる。

「うちのバッグが単なるモノで終わっていないということだから、嬉しいですよ」

   いまでは人気の定番商品もあるが、型紙はほとんど残さない。人の真似をしないこと、常に変わり続けること。ここにしかない正真正銘オリジナルが、須田帆布の意地だと言う。

住む。表紙
◆住まいと暮らしの雑誌「住む。」 http://www.sumu.jp/
住まいと暮らしに関するいろいろな知恵や工夫が学べる季刊の雑誌。昔から伝わる気候風土に適した知恵、あるいは現代の先端技術などの知識を提供し、ときには、食や衣まで含めて考える。また家から排出されるCO2の量を削減したり、ゴミを減らすことなども考慮した「住まい」を考える。住まいは、暮らしこみの姿であり、生き方の表現。この雑誌では、そうした住まいと暮らしに関わるさまざまな知恵や工夫、そして住まいの本質を「知ること」が愉しめる。発行・泰文館。

>>「住む。」バックナンバー


  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中