2018年 5月 21日 (月)

CO2を大幅削減した注文住宅 三井ホーム

印刷

   三井ホームは、注文住宅の建材などにCO2排出量を減らした環境対応特別仕様「プレミアムエコ仕様」を設定し、2008年6月26日から売り出した。

   同社のツーバイフォー住宅は標準仕様でも環境に配慮した木の住まいだが、このエコ住宅は、外壁の枠組みに2×6材を使用。サッシ・ガラスには室内側に樹脂を使い、またアルゴンガスを充填したガラスを採用することで断熱性を高めた。換気システムにはエネルギーロスの少ない「全熱交換方フロアセントラル換気システム」を取り入れたことで、高い省エネ効果を実現した。

   この結果、年間のCO2排出量は998キログラムと、国の新省エネルギー基準仕様と比べて約49%も大幅に削減。これはブナの木の年間CO2吸収量にして86本分に相当するという。

   ただし、現在売り出し中の「マイレーヴS-type」42坪南入りを、このプランに変更した場合、価格は1坪あたり約2万5000円程度アップする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中