新エンジン搭載 「エスクード」をマイナーチェンジ

印刷
スズキ「エスクード」
スズキ「エスクード」

   スズキは、「エスクード」をマイナーチェンジし、2008年6月26日から売り出した。

   今回のマイナーチェンジでは、新開発の3.2リッターV6エンジン(最高出力224ps)と2.4リッター直4エンジン(最高出力166ps)を採用。また、新デザインのフロントバンパーを装備、リアブレーキにはベンチレーテッドディスクブレーキをとりいれ、静粛性の向上など、エクステリア、インテリアともに変更が加えられた。

   また、AT仕様車には、エンジンブレーキだけでは十分に減速しないような下り坂でも、ブレーキ操作なしに一定速度で降坂できるヒルディセントコントロールと、上り坂での発進時に、ブレーキからアクセルに足を踏みかえるときに車両の後退を防止する、ヒルホールドコントロールを装備している。価格は194万2500円~262万5000円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中