2021年 8月 3日 (火)

ミニノートPC「戦国絵巻」 国産「工人舎」は魅力乏しい

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

地味なプラスポイントはあるが…

   前述の記事では、その他の機能的「差異」として、ディスプレイ部への2軸ヒンジ採用、ExpressCardスロットの搭載などが挙げられている。そのほか、「Atom」のなかでもSilverthorne系の「Atom Z520」(従って「ネットブック」ではない)を採用、液晶パネルはNEC液晶テクノロジー製、台湾メーカーの液晶とは品質が違うという。

   これらは筆者にとって、ワンセグよりはプラスポイント。でも、地味で購入の決め手になるほどではない。総じて、海外メーカーの「低価格」と国内大手メーカーの従来型「高性能・多機能」製品の間で、魅力に乏しい。「国産(国内メーカー)」であることの意味が希薄な製品といった印象を持ってしまった。

   ところで、以前の当欄でも紹介した日本ヒューレット・パッカードの低価格ノート「HP 2133 Mini-Note PC」(実売約6万円~)が、奇しくもSC、SXシリーズ発表と同じ6月24日に発売を開始した。同社のオンライン販売では予想を大幅に上回る注文が入ったため、販売を一旦打ち切るなど、大好評を博したとのことだ。さて、工人舎の新モデルは7月にどんな反応で迎えられるだろうか。

虎古田・純

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!