来日ロナウジーニョ「夢をあきらめるな」

印刷

   サッカー界のスーパースター、ロナウジーニョ選手が2008年7月1日、東京・代々木で日本の子供たちとプレーした。「夢をあきらめないで、サッカーを続けてほしい」と子供たちに熱いメッセージを送った。

「サッカーが好きだから、モチベーションを維持できる」

ロナウジーニョ選手(右)は「日本に来るたびに応援してもらい、いい気持ちにさせてもらっている」と感謝の言葉を口にした
ロナウジーニョ選手(右)は「日本に来るたびに応援してもらい、いい気持ちにさせてもらっている」と感謝の言葉を口にした

   ロナウジーニョ選手は、契約するナイキのアジア訪問ツアーの一環として来日。代々木公園サッカー場で行われたエキシビションマッチに、スペシャルゲストとして登場した。

   サッカー好きの少年少女の中から選ばれた10人の子供たちと即席のチームを結成。人気サッカー漫画「キャプテン翼」の作者である高橋陽一さんや元日本代表の中西永輔さんたちのチームと対戦した。

   サッカー場の周囲には大勢の子供たちが座り、憧れのスターに熱い視線を送る。ロナウジーニョ選手は子供たちに向かって、

「僕は、ボールがあるからこそ、サッカーがあるからこそ、サッカーが好きだからこそ、勝負へのモチベーションを維持できている。夢をあきらめないでたくさん練習して、サッカーを続けてほしい。きっといいことがあると思う」

とエールを送った。

   試合では、真っ赤なTシャツを着て子供たちの間を走りながら、軽やかなヒールパスを繰り出したり、鮮やかなフェイントで相手を抜いたりして、会場を沸かせていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中