国内最大規模の参加型写真展、ミッドタウンで開幕

印刷
地球環境をテーマにしたハリセンボンの写真 (C)うみま-る
地球環境をテーマにしたハリセンボンの写真
(C)うみま-る

   富士フイルムは2008年7月、東京・六本木の東京ミッドタウンで、「FUJIFILM 写真展フェスタ」と称して、4つの個性豊かな写真展を開く。

   目玉は、7月2日から6日まで開催される国内最大規模の参加型写真展「"PHOTO IS"10,000人の写真展2008」。参加者が撮影した写真を大きなサイズのプリントにして、自分にとっての写真の価値を示す「PHOTO IS ○○○」というメッセージを添えて展示する。大阪や名古屋など全国20か所で順次開催される写真展の幕開けとなるイベントだ。

   また7月2日~30日には、地球環境をテーマにした「まもりたい緑、まもりたい水写真展」と、富士フイルムのCMでおなじみの女優・堀北真希さんの写真展「私の大切なメモリー」を開催。また7月4日~10日は、俳優の佐野史郎さんが撮影した写真と佐野家に伝わる古い写真を紹介する「あなたがいるから、ぼくがいる。」を実施する。

   いずれも入場無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中