台湾の「素顔」が分かる体当たり「体験記」

印刷
下川裕治責任編集「もっと好きになっちゃった台湾」
下川裕治責任編集「もっと好きになっちゃった台湾」

「台北市内に"恍惚マッサージ"を施してくれるゴッドハンドの強者オヤジがいるという。しかも、減量に豊胸テクニックと、女性が泣いて喜ぶテクが満載らしい。オヤジの手技を一度味わってしまうと、忘れられずにまたその門を叩くというのだ。そんな噂を聞きつけ、さっそく行ってみた――」

   こんな調子で、台湾のディープな世界を紹介する体験型ガイドブック「もっと好きになっちゃった台湾」(本体価格1600円)が双葉社から出版された。

   「5万4千円でアジア大横断」(新潮文庫)などの著書がある旅行ライターの下川裕治さんのもと、台湾に精通した12人のライターが執筆。台北のメイド喫茶や安宿街、高尾のパチンコ屋や夜市などに分け入って、等身大の体験記をまとめた。

   台湾の北部・中部・南部とエリアごとに章立てされているが、普通のガイドブックと違い、ライターが"旅人"の目線で書いた「体験コラム」がメインだ。主な読者としては、台湾を訪れた経験があり、通常の旅行ガイドでは物足りないような人を想定しているという。企画・編集を担当した下川さんは

「体験型で書くことで、実際にはどうなのかという本当のことが書ける。普通のガイド本には載っていない"その先の台湾"の面白さを味わってほしい」

と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中